サラマンダーよりずっとはやい!!

  • 2019年9月7日
  • 2019年9月12日
  • PickUp
  • 2件

暑い日の中で、たまに涼しい日がありますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは原因不明の病に侵され、
医師に1週間外に出るなと言われました。
皆様もお身体にはお気をつけください。
ふなっしーです。本日もよろしくどうぞ。

 

さて、本日は少し趣向を変えまして、
FFから離れた話も交えつつ書いてみます。

 

 

ある日、こんなツイートを見たんです。

 

 

フォローしている方のツイートだったのですが、
このツイートを最初見た時は、
一体何の事だかわかりませんでした。

フォーラムに上がっているある投稿を見て、
面白いと思ったという旨のツイート。
このフォーラムの投稿内容は一体何をさすのか。

「サラマンダーよりはやーい」
このフレーズに聞きおぼえがあり、
調べてみる事にしました。

 

 

 

 

 

サラマンダーよりはやーい ff14
こちらの2つのワードで検索をかけてみると、
いくつかフォーラムの日記が出て来ました。
その日記の中の文章にこんなフレーズが

 

 

 

 

 

ヨヨ・・
ランランランサーヤリヤリ・・?

!!!

 

 

既にわかってる方もいると思います。
「サラマンダーよりはやーい」
このフレーズが出てきたゲームはそう・・・

 

 

 

バハムートラグーン

 

 

『バハムートラグーン』は、
1996年にスクウェアから発売された
スーパーファミコン用のゲームです。
フォーラムの日記に書いてあった、
ヨヨ・ランランランサーこの言葉で
完全に思いだしました。

※注意
ここからはバハムートラグーンの
ネタバレがあります。

 

 

 

ちなみに「サラマンダーより、ずっと早い!」
というフレーズは、
FF14内では「怒りのオシオキ」という
イル・メグのサブクエストで聞く事が出来ます。

 

 

 

バハムートラグーンは20年以上前のゲームですが、
未だに色々と覚えています。
主人公の名前はビュウ。
ヒロインの王女の名前はヨヨ。
そして「王女の???」などのユニークな
アイテムも有ったりしました。
非常に面白いゲームだったと思います。

 

ただこのゲーム、楽しかった思い出と共に、
非常に衝撃を受けた記憶も有ります。
そう、冒頭で紹介したツイート文中の、

 

 

 

この部分です

 

この文章が表す事は何か。
過去のトラウマとは何か。
先程「非常に衝撃を受けた記憶が有る」
と言いましたが、
それがこの方の言う過去のトラウマと
同じ事を示しているのはほぼ間違いないでしょう。

 

非常に衝撃を受けた記憶、
過去のトラウマ、
この2つが表している事それは・・

 

 

ゲーム中のヒロインの王女ヨヨが

 

 

 

他の男に取られてしまう事

 

 

これは子供ながらに衝撃でした。
取った男の名前も未だに覚えています。
そう。パルパレオス。奴です。

 

バハムートラグーンプレイ当時の私の友達、
金子君もこれには衝撃を受けていました。
金子君はヒロインが取られるという事態に
直面した後から、学校で会うたびに
パルパレオス絶対に許さない。
パルパレオス コロスと言っていました。

私も非常に共感出来たので、
一緒にパルパレオス コロス と
呪文の様に唱えていました。

 

 

 

パルパレオス絶対許さない

 

 

過激な表現が出てしまいましたが、
当時はまだ子供でしたので。
事実を受け入れるには精神的に
あまりにも未熟でした。ただ今は大人。
同じ事態に直面しても
きっと穏やかな心で処理できるでしょう。
もう長く生きてますからね。

 

バハムートラグーンと言えば、
思い出すのが金子君と実はもう1人います。
そう。小島君です。
彼は友人の友人的な存在だったのですが、
ある時話す機会があり、バハムートラグーンを
貸して欲しいと言われました。
自分は既にクリアしていたので、
快く了承しました。

ただ、不思議なもので貸したゲームって
無性にやりたくなるんですよね。
なんででしょう。自分の大切な物が
目の届かない所にある不安でしょうか。

貸して1ヶ月くらい経った時、
私は小島君にバハムートラグーンを
返して欲しいという旨を伝えました。
小島君もクリアしていたようで
すぐに了承を貰えました。

同時に「せっかくならうちに遊びに来れば」
と言われたので、
バハムートラグーンの受け取りを兼ねて
小島君の家に遊びに行くことにしました。

 

 

小島家に訪問

 

 

そこで私は衝撃の光景を目にしました。

 

なんとバハムートラグーンの外箱が、

 

 

 

 

ズタボロだったのです

 

 

こう、なんと言えば良いでしょうか。
全体的に濡れてふやけた感じで、
ところどころ剥がれていたんです。
紙のパッケージですから濡れると弱い。

友人に貸すというのはリスクも有ります。
ドラクエ4を友人に貸し、セーブデータが消え、
その事で兄に全力で
顔面を殴られている親友がいました。
私はその時親友の家に遊びに行っていたのですが、
号泣する親友を1時間静観した後帰宅しました。

 

その時に私は知っていたはずでした。
人に貸すリスクというものを…

 

起こってしまった事はどうしようもない。
ただ、なぜそんな事になってしまったのか。
理由だけでも聞きたい。

 

私は小島君に
ズタボロのパッケージの理由を問いました。

 

 

それに対する小島君の答えは

 

 

 

 

屋外に置いてたんだよねー

 

 

え?小島?なんて?
え?屋外?なぜ?

これはスーパーファミコンのソフトですよ?
なぜに電子機器を屋外に置くの?
炊飯器とか扇風機を外に置かないよね?
そしてあなたにはおうちがありますよね?
おうちは雨風をしのぐ有り難い機能がございます。
なぜにその恩恵外の領域に置いた?
なぜ雨ざらしにした?

 

 

 

小島君と交わした
これ以上の議論については覚えていないですが、
わたしはこの時ある感情を覚えました。

 

 

 

 

小島絶対に許さない

 

 

そう。バハムートラグーンは
怒りの感情とセットになっている思い出でした。
ですが当時はまだ子供。
精神的にあまりにも未熟でした。
今は大人なのできっと同じ事態に直面しても
穏やかな心で処理できるでしょう。
もう長く長く生きてますからね。

 

ヒロインを他の男に取られる事も含め、
今だったら全て受け止められる。
大人になるってそういう事なんです。
ただ、口だけでは何とでも言えますね。
なので、実際にそれを証明したいと思います。

 

当時の感情に出来るだけ近づけてみましょう。
それで怒りが沸かなければ大人の証明です。
ただ実際にバハムートラグーンをプレイするのは
時間的な制約もあるので、
ここはウィキペディアを使います。
ウィキを参考に、主人公が回想する形で
大枠をまとめてみました。

そしてより当事者意識を持てる様、
主要シーンを自ら演じてみました。
バハムートラグーンを
プレイした事がある人も、ない人も、
どうやって主人公がヒロインを取られたのか、
ゲーム発売から20年以上経った今、
改めて見てみましょう。

そしてどんな結果も受け止められる、
その事実をもって
私達が「大人」になった事を証明しましょう。

ではスタートです。

 

———————– 
「キャスト」
ビュウ(主人公)=ふなっしー
ヨヨ(ヒロイン)=お嬢
フレデリカ=ルナ
———————– 

 

・・・

 

 

世界にはラグーンという浮島が多数あり、
その中のグランベロスという国が、
強大な力を持って他国に進出しました。

 

 

 

私の母国であるカーナも侵攻を受けた国の1つ。
私は軍の隊長として命を賭け戦いましたが敗戦。
王女である彼女も連れ去られてしまいました。

 

 

何とか逃れた私達カーナ軍は小島に拠点を構え、
彼女(王女)を救い出す為に反乱軍を結成したのです。

 

ここで少し彼女との思い出を振り返ってみます。

 

 

・・・・・

私の相棒のドラゴンに乗って
彼女と出かけた事がありました。
相棒のドラゴン、名前はサラマンダー
その時彼女が言った言葉、今でも覚えています。

 

 

 

「サラマンダー・・とってもはやいね!!」

 

 

 

私と彼女はそのまま
思い出の教会という場所に向かいました。

 

 

 

「ここに二人で入ると、将来両思いになれるんだって。二人で入ってみようか?」

 

 

 

 

 

しかしその時、私達は中に入りませんでした。

 

 

 

 

 

 

「大人になっても今と同じ気持ちで、
教会に誘ったら一緒に来てくれる?」

 

・・・・・

 

 

その後、幾多の戦いを経て、
私達は彼女(王女)を救い出しました。

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

彼女は昔と何かが違っていました

 

 

その後も戦いは続き、
決戦の場は「カーナ」。
思い出の教会が有る場所です。

 

 

魔物の襲撃を受ける思い出の教会。
そして、それを守る謎の男が一人。
男の名前はパルパレオス。

 

 

思い出の教会。
彼女が「大人になっても一緒に来てくれる?」
と言ってくれたことも、
私の相棒のドラゴンのサラマンダーに乗って、
「とっても早い!!」と喜んでくれたことも。
全て大切な思い出です。

 

 

激しい戦闘が終わると、
彼女とパルパレオスは思い出の教会に入り、

 

 

 

 

二人で愛を誓い合ったのでした

 

 

 

そう。彼女は敵軍に捕まってすぐに
パルパレオスと出会い、恋に落ちていたのです。

 

 

そしてパルパレオスのドラゴンに彼女が乗った際、
彼女はこう言ったんです

 

 

 

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

サラマンダーよりずっとはやい

 

 

 

 

 

 

 

~~fin~~

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっふぐぅ・・・うぅううう
ふぐぅううぅ!!ちきしょう・・

 

 

 

 

・・・失礼しました。大人ですから。
精神面は成熟し、いかなる事象が起きても
冷静に対処が出来ます。はい。私大人です。

 

 

 

 

ふぅ・・・

 

 

 

 

 

小島絶対に許さない

 

 

 

 

この記事が面白かったら

シェア・リツイートお願いします

 

 

 

更新のお知らせはtwitterで!