【FF14】獣神降臨!!ミストヴィレッジの平穏を守れ!

いつも訪問ありがとうございます!

おはようございます。
今日も寒いですね。今こうやって
ブログを書いている手も、
冷え切っております。
本日も短めの記事になりますが、
週後半に向けて、段々と指先を
温めていければと思います。

本日も出張です。
最近新幹線が辛いです。
ふなっしーです。本日もよろしくどうぞ。

 

 

 

ffxiv_20160126_071549遠くに聞こえる波の音。
青空に映える緑。
頬を撫でる優しい海風。

そう。ここは平穏の代名詞。
ミストヴィレッジ。
この平穏は私にとって最も大切なもの。
この宝物を守るためだったら、
私は何でもする。平穏を乱す者は
何人たりとも許さない。

 

 

ミストヴィレッジの平和は

 

 

 

 

ffxiv_20160126_072832おれが守る

 

 

 

 

 

ffxiv_20160126_013006はい?

 

 

 

 

ffxiv_20160126_012841一瞬の油断

 

まさかミストヴィレッジに
ドラゴンが急に現れて、
しかもいきなり肩を噛んでくるとは!!
驚きすぎて目がピスタチオみたいに
なってしまったぁあああ!!

 

 

 

 

 

ffxiv_20160126_012929最善の手は・・!

 

考えていたら丸のみに!!
思考を巡らせて気づいたことは、
考える時間はなかったということ。
こうなったら、奥の手だ。

 

 

 

 

ffxiv_20160126_012853一瞬のスキを突いて脱出。

 

今だ

 

 

 

 

ffxiv_20160126_071603変身!!

 

 

 

 

ffxiv_20160126_013340

 

 

 

 

 

ffxiv_20160126_013530

 

 

 

 

ffxiv_20160126_014317

 

 

 

 

ffxiv_20160126_013908ビーストモード

 

 

 

 

20160126これは危険だ

 

股間の熊が今にも獲物に
飛びかかろうとしているのでしょうか。
貧乏ゆすりがすごい。飢えた熊です。
これは恐ろしい。飢えた熊です!!
大事な事なので2回いいました。
そしてきっと彼はこういうのでしょう、
敵の戦意を削ぐ恐ろしい一言です。

 

 

「君にいいことを教えてやろう・・」

 
ffxiv_20160126_013927「おれの股間は言うことを
   聞かないんでね・・」

 

 

脅し文句のつもりですが、セクハラです。
もはやミストヴィレッジの平穏を
ぶち壊しにしているのはこいつでしょう。

 

そして見た目も

 

 

ffxiv_20160126_013935すごくキモイです

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これドラゴン討伐しようとして、逆にあっちのほうがやばいんじゃね?って討伐されちゃうやつですね!!!

    • まさにそれです!物事には優先順位がありますからね 笑
      フナキメラ討滅戦の始まりです!!

  2. By ぴぴ(Asura鯖)

    こんにちは!
    三枚目のSSですでに頭バックリいかれてるのかと思って吹き出しました(違ったけど)
    今日の記事も面白かったです!!! 朝から笑えて幸せです・ω・

    • ぴぴさんこんにちは!
      たしかに食べられてるようにも見えますね 笑
      朝の一笑いにこれからも読んで頂けたら嬉しいです
      懲りずにお付き合いください!w

  3. FF14入りたての頃 (昨年10月)

    ビーストやドラゴンが迫ってくる!と
    一生懸命逃げていたらマウントでした。

    そんな頃を思い出します。

    (=´∇`=)

    • 見るものすべてが新鮮な時期ですねw
      ただ、いきなりドラゴンが来ると今でもびっくりします 笑
      マウント状態でのテレポはけっこう驚きますね・・(;’∀’)

コメントのみでもOK! お気軽にどうぞ

*

最近のコメント

FF14 Screen Shot(他プレイヤー様)

FF14リンクブログ様 更新情報

アンテナサイト様 FF14記事

月間PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。 Copyright (C) 2010-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Right

Return Top